fc2ブログ

ハセガワ ギャランGTO 2000GSR 12「内装の仕上げ」

みなさんこんにちは。
模型製作の中で一番楽しいのは、次に作る作品の構想を練っているときですね(笑)
ABSです。

ダラダラと内装を作っていますが、そろそろ仕上げていきましょう。
フロアにはフロッキー粉末のグレーを塗布しました。
この後つや消し黒を吹きました(画像なし)が、このままでもいけそうですね。
1-DSC_2295_convert_20220813101245.jpg

ドア内張りです。
基本黒ですが、シルバー加飾部が何ヶ所かあります。
その中で、アームレスト?のシルバーライン部のみマスキングしました。
2-DSC_2108_convert_20220813101315.jpg

シルバーを吹いて、こんな感じです。
金属線を使うことも考えましたが、これでいいでしょう。
3-DSC_2113_convert_20220813101343.jpg

もうひとつも同様に塗装して、他のシルバーの部分は筆塗りにしました。
インパネに力を注ぎ過ぎたので、内張りは簡単に済ませました(^^;
4-DSC_2146_convert_20220813101412.jpg

完成への準備が整いましたので、仕上げていきましょう。
まずはフロアにシートとセンターコンソール?、シフトをつけました。
5-DSC_2137_convert_20220813101440.jpg

次にインパネと内張りの片方だけをつけました。
内張りが片方だけの画像は、組んだ内装がよく見えていいですね。
6-DSC_2169_convert_20220813101508.jpg

もう一方の内張りをつけて、内装の完成です!
いやあ内装だけで、かなりの時間を要してしまいました。
7-DSC_2186_convert_20220813101532.jpg

キットの素性もよく、ディテールアップの効果もあり、自分ではそこそこ上手くできたんじゃないかな、と思っています。
何箇所かやろうと考えたことをできていない箇所もあります(^_^;
8-DSC_2225_convert_20220813101604.jpg

インパネはこだわりました。
実車のインパネがカッコいいのと、キットの出来がいいので、木目塗装やスイッチ類の追加、メーターの加工などで見栄えがしますね。
ただ完成後はよく見えなくなるので、インパネもこれで見納めです(笑)
ホコリが多いですね(^^;
9-DSC_2238_convert_20220813101633.jpg

最後にご報告です。
先日、地元で四国ボディビル選手権がありました。
昨年はマスターズ大会でしたが、今年は年齢・体重制限なしの大会に出場しました。
結果は残念ながら予選落ちでした(T_T)
この大会で予選落ちしたのははじめてなので凹みました(^^;
今回は絞りが甘く、調整も上手くいきませんでした。
ここは切り替えて、9月に神奈川県で行われる本命の大会に向けて、もう少し頑張ります(^ ^)
10-S__207691783 2

今回はここまでです。次回からは外装パーツを作りますよ(^ ^)

スポンサーサイト



ハセガワ ギャランGTO 2000GSR 11「内装の製作 4」

みなさんこんにちは。
連日の猛暑と減量でふらふらです。
仕事終わりでトレーニングをしたら、帰宅後は何もできません(笑)
模型はもっぱら早朝のみです(^^; ABSです。

今回はシートの製作です。
まずは実車のフロントシートです。
キットのシートを見た仮組時、シートバックと座面に鳩目状の通気孔?があったので、金属に置き換えかな?と思ってましたが、現物を見ると黒なのでここはスルーします。
オープンカーでもドア開閉式でもないので、あまりこだわったディテールアップはしませんが、シートの縁のパイプモール?だけ再現してみます。
1-U00037792697_9_001.jpg

これは120secさんもやっておられたディテールアップです。
120secさんは、0.3mmのプラ丸棒を使っておられましたが、私は手持ちがなかったので、黒の伸ばしランナーでやってみました。
途中画像はありませんが、まあこれが難しいのなんの。
手前が加工後です。
周囲の汚れは瞬着のはみ出しです(^_^;
これでもある程度均してますが、後でもう少しきれいにします。
2-DSC_2269_convert_20220805115553.jpg

両方の縁にパイプモールをつけました。
苦労の割に効果は微妙かも·····(笑)
3-DSC_2277_convert_20220805115638.jpg

シートの裏側は溝状のラインがあり、シルバーで塗装するように指示があります。
金属線でいこうかとも思いましたが、塗装でやってみます。
4-DSC_2117_convert_20220805115728.jpg

う〜ん、追加したモールとの接点あたりがいまいちですが、ほとんど見えないところなのでいいでしょう。
5-DSC_2139_convert_20220805115756.jpg

次にシートベルトをどうするか。
画像は実車のリヤシートのシートベルトです。
旧車ならではの2点式シートベルトですね。
ベルト自体の色は黒ではなく濃いめの青です。
6-U00037792697_13_001.jpg

バックルをプラ板で作りました。
適当に切り出して中央に窪みをつけただけのでっち上げですが(^_^;
中央の窪みは一応リリースボタンのつもりです(^ ^)
7-DSC_2096_(2)_convert_20220805115834.jpg

バックルを黒に塗り、リリースボタンをシルバーに塗りました。
塗装後に画像を見直すと、リリースボタンは黒地に三菱マークなんですね(^_^;
光の反射でシルバーとばかり思ってました。
まあ、いいか(笑)
8-DSC_2098_(2)_convert_20220805115900.jpg

悪あがきとして、シルバーをくすませることと、ボタンの質感を狙ってクリアレジンを盛ってみました。
ほぼ、変わりません·····(笑)
9-DSC_2107_(2)_convert_20220805115924.jpg

ベルト本体は、今まで製本テープや、マスキングテープなんかを使っていましたが、今回はブログ友達で実際にも何回かお会いしている、日の丸航空隊さんに教えていただいたリボンを買ってみました。
今回は濃い目の青色を使いますが、これから活躍しそうなので、いろんな色を買っておきました。
10-DSC_2113_(2)_convert_20220805115952.jpg

リヤシートです。
塗装をしてシートベルトをつけただけです。
タングプレートを作るのが面倒くさかったので、上の画像のように繋がった状態にしました(笑)
でっち上げもいいところですが、ウィンドウ越しに見るとそれなりに見えてくれることを期待しています。
このリボンは質感もよく、柔らかで、今まで使っていた素材よりいいですね!
日の丸さん、ありがとうございました(^ ^)
11-DSC_2117_(2)_convert_20220805120022.jpg

フロントシートです。
フロントはバックル側だけ、座面に出た状態にして、ルーフ?からのタングプレート側は省略しました。
苦労したパイプモールは塗装してみると、それなりに見えますね(^^)
完成後はほぼわからないでしょうが(笑)
12-DSC_2126_convert_20220805120052.jpg

今回はここまでです。
時間がかかっている内装も次回で完成、だと思っています(^ ^)

ハセガワ ギャランGTO 2000GSR 10「内装の製作 3」

みなさんこんにちは。
最近の更新ペースは、約1週間に1回になっています(^^;
ABSです。

今回はインパネ製作の続きです。
インパネのメーターが納まる箇所は開口して裏からメーターをつけるようにしていました。
メーターのデカールは、メーターより少し大きいサイズに切り出した黒プラ板に貼り付け、乾燥後クリアを吹きました。
1-DSC_2183_convert_20220730101829.jpg

インパネの裏側です。
ご覧のようにメーターの裏側が段差になっているため、裏から貼り付けるメーターも1枚ずつ準備する必要があります。
2-DSC_2198_convert_20220730101915.jpg

裏からメーターを貼り付けました。
キットのまま貼り付けるよりも奥まった感が出て、いい感じですね。
この段階ではクリアプラ板をつけていませんが、クリア塗装をしているので多少ガラスっぽい感じはします。
3-DSC_2225_convert_20220730101950.jpg

続いて表から円形にくり抜いたクリアプラ板をつけました。
プラ板の角度が均一ではないので、反射にムラができますね(^_^;
4-DSC_2135_convert_20220730102012.jpg

次にトグルスイッチやシガーライター、吹き出し口のルーバー、その他のスイッチ類をつけました。
5-DSC_2211_(2)_convert_20220730102042.jpg

ABCペダルをつけました。
完成後は見えなくなりますが、金属に置き換えた部分がリアルになりました。
6-DSC_2093_convert_20220730102106.jpg

インパネに付けるものを全部付けた状態の裏側はこんな感じで汚いです(^^;
メーターを貼り付けたプラ板はつける時、干渉し合うので、適宜切断しています。
7-DSC_2111_(2)_convert_20220730102139.jpg

ギアシフトです。
キットのシフトレバーは太かったので、虫ピンの軸にしています。
シフトノブにはシフトパターンのデカールを貼り、クリアレジンを盛りました。
8-DSC_2102_convert_20220730102206.jpg

センターコンソール?にシフトとサイドブレーキをつけました。
9-DSC_2179_(2)_convert_20220730102310.jpg

インパネに自作ステアリングをつけました。
10-DSC_2221_(3)_convert_20220730102346.jpg

仮組みして、とりあえずインパネとセンターコンソール?が出来ました。
メーターパネルの真ん中、スピードメーターとタコメーターの間の下方には、元々警告灯?のモールドがありましたが、塗装時に削っていましたので、警告灯としてミラーフィニッシュを貼り、エナメルクリアレッドを塗りました。
スペース的に余裕がなく、1つになりましたが(^_^;
11-DSC_2232_(2)_convert_20220730102428.jpg

そのまま組んでもきれいにできるでしょうが、ディテールアップをすることで、さらにリアルになったような気がします。
12-DSC_2262_convert_20220730102511.jpg

ただオーディオの両サイドの木目の両端や、センターコンソールの木目の両端のシルバー加飾は上手くやれる気がしなかったので省略しました(^_^;
内装はまだシートやら内張りやらありますので、このあたりで次に進みます。
13-DSC_2277_convert_20220730102544.jpg

今回はここまでです。次はシートをやってみます(^ ^)

ハセガワ ギャランGTO 2000GSR 9「内装の製作 2」

みなさんこんにちは。
大リーグから帰ってきた秋山選手、いいですねえ。
よくぞ選んでくれました(^^) ABSです。

GTOはインパネの製作中ですが、一休みして今回はステアリングを作ります。
キットのステアリングです。
他のパーツ同様に形状、モールドともに良好です。
ただし、スポークの厚みがありすぎてスケール感を損なってますね。
1-DSC_2013_convert_20220723100901.jpg

120secさんもやってらっしゃいましたが、スポークを裏から薄くしました。
が、·····薄くしすぎました(T_T)
このスポーク、薄くしていくと勝手に真ん中の凹み部が抜けるのですが、勝手に抜ける手前くらいの薄さで止めないと、折れる寸前のヨレヨレになってしまいます。
2本終わった時点で気づきました(^_^;
3本目は抜ける手前で止めて抜く部分は押すようにして抜きました。
それでも画像のように2本はヨレヨレです(^_^;
2-DSC_2020_convert_20220723100947.jpg

気を取り直して塗装しました。
スポーク部をシルバーで塗装後、マスキングしてその他の部分にジャーマングレーを吹きました。
案の定、マスキングを剥がす際にスポーク(右側)が折れました(T_T)
裏から瞬着で修正しましたが、目立ちますね(^_^;
3-DSC_2171_convert_20220723101030.jpg

再度気を取り直して、デカールを貼って、上からクリアレジンで固めました。
デカールも切り抜きに失敗して一部黄色い部分がありません(^_^;
う〜ん、どうしましょうか。
4-DSC_2112_convert_20220723101102.jpg

このまま妥協しようと思いましたが、何か気が落ち着かないので、いちから作り直してみます。
うまくできない場合に備えて、キットのステアリングは使わずに、ジャンクの中から使えそうなものを探します。
左はオレンジウィールズについていたもので、右のは分かりません。
大きさや細部が多少違いますが、右側のスポーク以外を使って作ってみます。
5-DSC_2294_convert_20220723101131.jpg

まずはスポークを作ります。
このようにアルミ板からスポーク状に切り出し、整形のうえ磨きました。
6-DSC_2302_convert_20220723101201.jpg

ちなみに実車のステアリングです。
もちろん作っている年式、グレードとマッチしているかは不明です。
この画像を見ると、スポークは抜けてなくて各スポークにホーンボタンがありますね。
まあ、こんな感じで作ってみましょう。7-U00037792697_18_001.jpg

いきなりですが、こんな感じになりました。
集中してたので、途中の写真は撮れてません(^_^;
順序は、自作スポークにジャンクステアリングのセンター部を取り付け、裏側にも孔の開いた円筒状のパーツをつけます。
次に各スポークの2箇所を折り曲げておきます。
最後にジャンクの輪っかと接着しました。
センターにはデカールを貼ってクリアレジンで固め、各スポークには黒プラ板を切り出したものをつけてホーンボタンとしました。
8-DSC_2151_convert_20220724092922.jpg

失敗したキットのステアリングと並べてみます。
やはり、キットの方が繊細でいいと思いますが、折れてヨレヨレになっているので、自作の方を採用しましょうか?
かなりでっち上げですが(笑)
9-DSC_2136_convert_20220724093000.jpg

ステアリングコラム?です。
ウィンカーレバーは太かったので、インパネで不採用になったプラ板自作のトグルスイッチを修正してつけています。
形状がいまいちですが、軸が虫ピンになったのでスケール感はいいですね(^_^;
10-DSC_2117_convert_20220724093027.jpg

今回はここまでです。次回はインパネの製作に戻りますよ(^ ^)

ハセガワ ギャランGTO 2000GSR 8「内装の製作 1」

みなさんこんにちは。
いやあ、3試合連続の満塁ホームラン!凄いですね\(^^)/
ABSです。

内装の製作に進みます。
まずは全パーツを並べてみます。
仮組み時にフィッティングの良さも分かっていましたが、モールドも精巧で素晴らしいですね。
素組みでも十分でしょうが、少しずつ手を加えていきましょう。
1-DSC_2010_convert_20220717105113.jpg

お手本は120secさんのGTOですが、あそこまでやるとなると何ヶ月かかるか分かりませんので、やれるところだけやっていきます。まずはクーラーの吹き出し口、アルミパイプに金属板を入れて作りましたが、手持ちの板が0.2mmのもの(1枚ものを切り出し)しかなく、いまいちな出来になりました。
2-DSC_2038_convert_20220717105209.jpg

吹き出し口のモールド部を開口し仮組みしてみました。
まあ、金属なだけ元のものよりはましかもしれません。
3-DSC_2056_convert_20220717105245.jpg

続いてこれはなんでしょうか?
虫ピンを切ったものにランナーのタブ?部をつけたものです。
4-DSC_2059_convert_20220717105313.jpg

これを削って整形しました。
メーターパネル右下にある3つのトグルスイッチです。
大きすぎますかね。
5-DSC_2074_convert_20220717105344.jpg

スイッチの基部には1mmのアルミパイプを磨いたものを使ってみました。
6-DSC_2011_(2)_convert_20220717105425.jpg

仮組みしてみます。
う〜ん。やっぱりちょっとオーバースケールですかね。
これは後からやり直すかもしれません。
7-DSC_2026_(2)_convert_20220717105454.jpg

次にABCペダルです。
上の画像を見ても分かると思いますが、元のペダルは太いです。
その割に脆くて折れそうなので、金属に置き換えました。
金属部は120secさんに倣って、虫ピンを角っぽく整形したものです。
8-DSC_2056_(2)_convert_20220717105520.jpg

金属プライマーを吹いて、黒く塗りました。
いい感じになりましたが、最終的には見えなくなります(笑)
9-DSC_2105_convert_20220717105553.jpg

GTOのメーターまわりのカッコ良さは、数あるクルマの中でもトップクラスだと思います。
特にずらっと並んだメーターはカッコいいですね。
メーターパネルの中の6つとセンターパネルの2つを開口しました。
10-DSC_2084_convert_20220717105618.jpg

メーターパネル左下あたりに配置されているシガーライター?や何かのツマミ等も虫ピンから作りました。
基部はトグルスイッチと同じく磨いたアルミパイプです。
上の左3本は作り直したトグルスイッチです。今度は切断した虫ピンの先に瞬着をつけて黒く塗ってみました。
11-DSC_2086_convert_20220717105728.jpg

インパネとセンターコンソール?の木目のことろを塗装しました。
木目のところにはデカールも用意されていますが、色がいまいちだし、きれいに貼るのも難しそうだったので塗装にしました。
いつものシルバーとカラークリアを重ね塗りする手法で木目を表現しています。
インパネが黒いので分かりにくいですが、この時点では、木目以外の箇所にも塗装されています。
写真撮影を忘れましたが、この後木目部にマスキングして、全体にジャーマングレーを吹きました。
12-DSC_2099_convert_20220717105919.jpg

次に、説明書の指示はありませんが、メーターパネルの周囲にシルバーの枠があり、モールドもそれらしいのがあるのでマスキングしたのですが、これが難しい(^_^;
13-DSC_2127_convert_20220717105949.jpg

分かりにくいですが一応枠がシルバーになりました。上の方は影で見えませんね(^_^;
14-DSC_2137_convert_20220717110025.jpg

続いてセンターコンソール?のシルバー加飾部の塗装で、これまた超めんどくさいマスキングでした(^_^;
15-DSC_2142_convert_20220717110053.jpg

結果です。
まあ、なんとか塗れましたが、両サイトのシルバーラインは手つがずです。
ここの処理はどうしようか迷っています。
16-DSC_2167_convert_20220717110122.jpg

グローブボックス上部のシルバーラインはフィニッシュを貼りました。
ギャランの文字とラジオ下のマーク、120secさんは、シルバーで塗装後、エナメル黒を吹いて拭き取るという手間をかけていらっしゃいましたが、面倒くさかったので、気合いで筆塗りしてみましたが、いまいちですね(^_^;
17-DSC_2196_convert_20220717110157.jpg
新しいキットで、作りやすいと思っていましたが、この内装は結構難易度が高く一筋縄ではいきません(^_^;

今回はここまでです。次回もインパネの製作が続きます。

プロフィール

autobuilders

Author:autobuilders
車と体作りが大好きな出戻り初心者モデラーです。人に見てもらうほどの内容にはならないと思いますが、自分の記録用にやってみたいと思い始めました。いつかは憧れの車たちをきれいに作りたいと思っています。

オートビルダーSの製作記

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR