FC2ブログ

タミヤ NDロードスター 13

みなさんこんにちわ。

内装の続きです
まずは内装のベースです。セミグロスブラックで塗装後、シフトまわりや、サイドブレーキをつけて、フロア足もと部分のみカーペットを貼りました。百均の貼れるベロア調シートです。貼れるフエルトはいろいろありますが、この百均のものが一番いいです。とにかく薄いので扱いやすいですし、スケール感もあると思います。また安くて各色あり1枚がかなり大きいので1度買ってきたら何年分もあります。寸足らずなところもありますが、完成後はほぼ見えないので適当にやっています。
シフトまわりのメッキパーツは例の失敗したパーツです。
えっ、リカバリー?    …新品を買いました。大人のキット買いです(笑)
1-20190420_220902_convert_20190421111425.jpg

ドア内貼りです。ボディ同色部分を瞬着で接着しました。画像では分かりにくいですが、ちょっと接合部分が汚くなったところがありましたが、修正しても傷口を広げそうだったのでやめました。接着下手は致命傷ですね(T_T)
2-20190420_221533_convert_20190421111545.jpg

ダッシュパネルまわりです。新品を買ってスモークグレーを吹き直したメッキパーツ類はいい感じです。ナビの画面はデカールを貼った後、透明プラ板を上に貼って画面感を出してみました。エアコン調節の三連ダイヤルはデカールを貼った後クリアを吹いています。
3-20190420_222229_convert_20190421111635.jpg

メーターパネルです。ここもナビ同様にデカールを貼った後に透明レジンをつけて上からスーパーポンチで切り取った透明プラ板を貼りました。各メーターにはリングっぽい加飾がありますので、0.3ミリのステンレス線で作ってみました。ちょっといびつですが、組んだ後はこのメーターほとんど見えません。せっかくつくったのにという気持ちと、粗が見えなくなっていいな、という両方の気持ちがあります(^^)
4-20190420_222319_convert_20190421111735.jpg

ステアリングです。塗り分け後、マツダのインレットマークを貼って透明レジンをちょっとだけ盛り、雰囲気で白文字っぽく入れてみましたが、しない方がよかったかもしれません(^_^;)
5-20190420_222722_convert_20190421111814.jpg

シートです。アジャスターをセミグロスブラックで塗った後、薄いブラウンでスミ入れをして立体感と多少の使用感を出し、その後エナメルクリアを塗って革シート感を狙ってみました。内貼りやダッシュのセールカラー部分も同様です。
6-20190420_222821_convert_20190421111902.jpg

シートベルトの小物類です。タングプレートの差し込み部分にはシルバーを塗り、バックルのリリースボタンには赤で塗ったプラシートを貼りました。
7-20190420_223126_convert_20190421111945.jpg

ダッシュパネルにステアリングをつけてフロントまわりの完成です。小さくて分かりにくいですがハザードマークにも赤で塗ったプラシートを三角に切って貼っています。小さくてちょっと貼るのが難しかったです。この後の画像で分かりますが、組んだ後ではこの角度で見ることはできません。
8-20190420_233338_convert_20190421112058.jpg

これらのパーツを組んで内装の完成です。苦戦もしましたがキットがよいのでそれなりにできてくれました。安全バーやエアロボードも付けています。エアロボードは薄く加工した方がよかったかもしれませんね。
9-20190421_000001_convert_20190421112212.jpg

別角度からです。シートベルトは内装パーツを開口した部分にベルト本体を通してシートベルトガイドの中を中継して最後はフロアに貼り付けてとめています。ベルト本体もキットについていますのでマスキングテープを塗装したりしないで使えます。ただし切り取った縁は黒で塗る必要がありますが。
10-20190421_000233_convert_20190421112257.jpg

さっそくボディと合わせてみて、ボディカラーとの相性を見てみます。
う~ん。どうでしょうか。まだ幌を何色にするか決めてないのですが、まずまず似合ってますでしょうか。通常の黒内装でもよかった気もしますが、もちろんこのままいきます。
11-20190421_001541_convert_20190421112353.jpg


今回はここまでです。内装の次は外装、ウィンドウ関係、フィ〇〇〇のどれかです(笑)
スポンサーサイト

タミヤ NDロードスター 12

みなさんこんにちわ。

内装ですが、ちょっと苦戦しています。

4連作中の歴代ロードスターですが、前3作では、NAは普通の黒内装、NBはVSのタン内装、NCもVSでサドルタン内装にしました。
最後は何にしようかと思案した結果、特別仕様車のキャラメルトップに採用されていた(たぶん)タン内装にすることにしました。
NBでもタン内装にしましたが、NDのタン内装はマツダもコメントしているように以前のものより明るく白っぽいタンなので、まったく同じにはならないだろうと思います。こんな感じです。
1-1310730.jpg

NBのときはクレオスのタンを使用しましたが、今回はそれよりも明るく白っぽいということでクレオスのセールカラーを使用してみました。よく分かりませんが帆船の帆の色なのでしょうか。吹いてみた結果は狙いどおりタンよりも明るく白っぽくなってくれました。
その他セミグロスブラック一色のパーツとともに乾燥後の画像です。シートは置いてるだけです(^^)
2-20190418_224427_convert_20190419100403.jpg

ダッシュパネル?とドア内貼りの一部はセミグロスブラックとセールカラーの塗り分けです。マスキングの画像は撮り忘れましたが、まあまあ面倒で結果もちょっとギザギザになったところ等ありましたが、自分基準では、なんとか合格ラインでしょうか(笑)
3-20190418_224911_convert_20190419100508.jpg


今回も作ったシートベルト関係の小物たちもセミグロスブラックで塗りました。この後シルバー部分や赤部分を塗装して、組んでやるとなんとかそれらしくは見えてくれるでしょう。
4-20190418_224639_convert_20190419100553.jpg

ステアリングは黒とシルバーの塗り分けなんですが、このマスキングもたいへん時間がかかりました。画像でもお恥ずかしい限りのマスキングです。筆塗りの方がよかったのでしょうか。みなさんはどうしているのでしょう。
5-20190417_230928_convert_20190419100635.jpg

シート後方の安全バー?ロールバー?はインストでは前半分がセミグロスブラックで後半分がグロスのブラックという指定でしたが、後半分はシルバーにしようと思います。いずれにしても真ん中に開口部があるので、ちょっとやりにくいマスキングをしなければなりません。
6-20190417_231111_convert_20190419100737.jpg

ステアリングと安全バー?はセミグロスブラックを吹いた後、上記のマスキングをして、次にスパッツスティックを吹くのですが、その前に滲み防止と表面が滑らかになることを期待してクリアを吹きました。それからスパッツを吹いてみたのですが、結果はいまいちメッキっぽくはなりませんでした(^_^;) やはりメッキっぽくするには研ぎ出しをしてツルツルにしてやる必要がありそうですね。もちろん今回はこのままいきますが(笑)
ステアリングは案の定はみ出し等ありましたので多少タッチアップをしています。
7-20190418_225235_convert_20190419100838.jpg

と、ここまではまあまあそれなりに順調に来ていましたが、ここから落とし穴にはまります。
このキットは内装にもきれいなメッキパーツが用意されていて、作例を見ても結構そのままでも行けるんじゃないかと思いましたので、メッキを落とすことなく使ってみることにしました。ただ、そのままではギラギラしすぎなので少しトーンを落とそうと思い、クリアブラックとスモークグレーを用意して吹いて見ることにしました。ここで何を思ったのか濃い方のクリアブラックから吹いてしまい、結構暗くなっってしまった(画像はなし)ので、イソプロピルアルコール漬けにしたのですが、画像のようにメッキまではがれてしまいました(T_T) これらのパーツに関してはどうするか検討中です。
8-20190419_062854_convert_20190419100926.jpg

今回使用したマイスターS1のホイールのクリアを落としたときはメッキ面はびくともしなかったので、大丈夫だろうと思ったのが間違いだったし、そもそも2種類あるなら薄いスモークグレーの方から試さなければなりませんでした。
ちなみに外装のメッキパーツにスモークグレーを吹いてみましたが、画像のように、吹いていないランナーと比べてもいい感じでトーンが落ち着いてくれています。
9-20190419_063235_convert_20190419101002.jpg

今回はここまでです。失敗は毎度のことなので何とかするしかありません。エアブラシによる塗り分けの後は細かい部分のディテールアップをしていきますよ(^^)

タミヤ NDロードスター 11

みなさん、こんにちわ。

やっとクリアです。ただ今回はムーンストーンパールというクレオスのMr.クリスタルカラーを初めて使ってみたので通常の塗料のように中砥ぎしていいのかどうかが分かりませんでした。ネットでもよく分からなかったので、色の候補を作ったときのスプーンを中砥ぎしてクリアを吹いて見ました。
結果は他の塗料同様に中砥ぎをしても大丈夫ように思えます。画像は中砥ぎしてクリアを吹いたところです。クリアは吹きっぱなしで研ぎ出しはしていません。
1-20190414_123924_convert_20190416163719.jpg

確認ができたので中砥ぎをしてクリア塗装の準備が整いました。中研ぎはボディとグリルのグロス部分とドア内貼り上部のボディ同色パーツに施しました。ただ下地を出すのが怖かったのでそこまで攻めきれていません。ブラックのピラーもすっかりツヤ消しになっています。
2-20190414_125857_convert_20190416163804.jpg

今回はクレオスに比べて垂れにくいと教えていただいたので、ガイアのEXクリアを使ってみました。はじめはエアブラシを絞ってすこしずつ、間隔を開けながら、だんだんと吹きつける量を多くしていき、最後の4回目は希釈度を増したものをドバっと吹きました。よく垂れる寸前と言いますが今回もほんのちょっとだけアウトなところがありました(^_^;)
前回ほどひどくはないので、後からなんとか修正しましょう。しかし、寸止めって難しいですね。やっぱり経験を積んでいくしかないのでしょうね。
まあ、全体的にはおおむねきれいに吹けたんじゃないかと思います。
3-20190415_220457_convert_20190416163839.jpg

前回も言いましたが、このキットの合体のしやすさは特筆ものです。なのですぐに合体させてニヤニヤしています。クリア塗装の終わったボディは、2週間から3週間乾燥させてから研ぎ出しをします。なんとかピカピカにしたいものです。
画像で何かお気づきでしょうか。そうです。ブレーキを付けています。当初付けようとしていたタミヤのR32かR34か分かりませんが、ニスモのローターとキャリパーです。取付けもいいかげんですが、あるとかっこいいですね(^^)
4-20190415_221026_convert_20190416163919.jpg

今回はここまでです。乾燥中に内装やら外装やらフィ〇〇等やら作っていきましょう(笑)

タミヤ NDロードスター 10

みなさん、こんにちは。

土日はあれもこれもやるぞと思っていても、家の用なんかで思ったよりも進まないことが多いと思いませんか。ABSです。

さて、本来ならクリアの塗装を紹介すべきなのですが、なぜか他の作業に熱中した結果しんどくなって次回にまわしました(笑)
ボディの塗装と並行して乾燥時間なんかに内装もボチボチやっておりますが、今回はシートベルト関係の小物製作です。

NAで初めて作ってからB、Cとすべてのモデルにシートベルトの小物を作ってきましたが、さすがにめんどくさくなってきました(笑)
しかし、あると無しでは内装の完成度が違いますし、エッチングとかも持ってないのでやるしかありません。

画像のようにNDもNC同様シートベルトアンカーはシート後ろに内蔵されているため、アンカーを作る必要はないのですが、シートの肩につくシートベルトガイドと定番のタングプレートとバックルは作らなくてはなりません。
0-cs0320_roadster08.jpg

まずはシートベルトが内蔵されているところを開口しました。実車ではもっと上のようですが、キットにはそのスペースがないので、まあこの辺でいいでしょう。開口部付近もきたないですが、まあこんなもんでしょう(^^)
1-20190413_062309_convert_20190415095017.jpg


次にシートベルトガイドから作っていきましょう。ガイドは画像を見ると結構厚さもありそうなので、1.2ミリのプラ板で作りましょう。
模型転倒虫さんは洋白板で作っておられましたが、私は金属物の加工が苦手なのでプラ板でいきます。
使いまわしのプラ板の角にこのようにだいたいの形状を描きます。自称Mrフリーハンドの私はこういうときほとんど測ったりせずいきなり描いてはじめます。
2-20190413_131615_convert_20190415095058.jpg

描いた図をベースにプラ板から切り離す前におおまかな形状に整形していきます。使用するのは、ピンバイス、デザインナイフ、プラ板に貼り付けた紙ヤスリ等です。
3-20190413_181057_convert_20190415095136.jpg

だいたいの形になれば、切り離して、現物に合わせながら最終の整形をして完成です。
4-20190413_185324_convert_20190415095220.jpg

もう一方も作製し仮組みしたところです。パーツ単体で見ると実車に比べてオーバースケールで???なパーツですが、こうやって組んでみると、まあそれらしく見えなくもないです…かね。塗装をすれば大丈夫!  でしょう…たぶん(笑)
5-20190413_191435_convert_20190415095305.jpg

次にタングプレートです。タングプレートは薄いので0.5ミリのプラ板で作ります。ガイド同様まずはプラ板に大体の形状を描いていきます。自称Mr目見当の私はこういうときほとんど測ったりせずいきなり描いてはじめます。
6-20190414_115557_convert_20190415095345.jpg

ガイド同様に切り離す前に大体の整形をしておきます。この場合は開口部の作製のみですが。
7-20190414_121122_convert_20190415095439.jpg

本体から切り離します。かなり汚い切り口ですが、この時にかなり余裕を持って大きめに切り離しておくと整形するにつれ小さくなっていきますのでちょうどいいです。
8-20190414_121915_convert_20190415095522.jpg

切り離したものを整形して出来上がりです。左右非対称も甚だしいですが、3Dプリンターにはない手作りの味ってことにしておいてください(笑)
9-20190414_123839_convert_20190415095600.jpg

最後にバックルですが、特にコツとかもなくプラ板をだいたいの形に切りとってから、整形をするだけです。
画像は作成前と作製後です。
10-20190414_214341_convert_20190415095643.jpg

バックルも両方作りました。これまた左右差がありますが、芸術性っていうことにしておいてください。正面からだけではなく側面から見ても凹凸があるのが分かりますでしょうか。

11-20190414_222338_convert_20190415095740.jpg

仮に付けてみるとこんな感じです。まあ雰囲気ですのでこれくらいでいいんじゃないかと思っています。
12-20190414_222613_convert_20190415095829.jpg

次作は何にするか決めてませんが、たぶんオープンカーではないので、シートベルト関係を作るかどうかもわかりません。
こういった作業は嫌いではないですが、さすがに4台連続だと飽きてきましたので、次はクローズドボディのモデルにしましょうか。まあせっかく作りましたので塗装前に集合写真を。
13-20190414_223514_convert_20190415095916.jpg

今回はここまでです。内装も進めながら、次回はたぶんクリアです(^^)

タミヤ NDロードスター 9

みなさんこんにちわ。

度重なる塗り忘れで延び延びになっていたボディの本塗装を行いました。下地の黒を吹いたところまでご報告しています。
本塗装の直前の写真を撮り忘れていましたので、前回ホイールのときの画像の使いまわしですが、少しざらついてしまった黒下地をざっと中砥ぎしています。ざらついていただけに完璧に均せていませんが、サフを出してしまいそうだったのでそこそこにしておきました。まあ下地なのでいいでしょう。たぶん(笑)
NDはピラー部がグロスブラックなのでピラー部のみマスキングをしてムーンストーンパールを吹きました。
えっ、言ってませんでしたか?そーなんです。悩んだ挙句、後の工程も一番楽な黒下地+ムーンストーンパールを選択しました(^_^;)
もちろん色味も気に入ってたからですよ(^^)
0-20190410_154923_convert_20190412160430.jpg

いきなりですが塗装後です。少しずつ塗料を乗せる感じで何回かに分けて吹きました。黒のときのようなざらつきもなく、また垂れたところもありませんでしたので、まあなんとか成功です。
1-20190412_055945_convert_20190412094052.jpg

最初塗り忘れたドアグリップと2回目に塗り忘れたドア内張り上部パーツです(^^)
2-20190412_063025_convert_20190412094147.jpg

ピラー部のマスキングをとりました。簡単なマスキングなので結果も良好でした。
3-20190412_060651_convert_20190412094228.jpg

本塗装がなんとか上手くいったので、うれしくなり、さっそくシャーシと合体。このキットの一番いいところは合体のしやすさです。
きつくてやりにくいキットは度々合体させる気にもなりません。
で、どうでしょうか。結構いい色なんじゃないでしょうか。画像では分かりにくいかもしれませんが、通常のシルバーよりも深みがあるというか、見る角度でいろいろな表情に見えるちょっと面白い色です。
4-20190412_061004_convert_20190412094323.jpg

本塗装は上手くいきましたが、クレオスのホームページでもMr.クリスタルカラーは「クリアーで2コートすることで、さらなる輝きを得ることが出来ます。」とありますので、次のクリアもなんとか成功させたいものです。
この色がクリアを吹いて研ぎ出しをしたらどんな風になるか楽しみです(^^)
5-20190412_061205_convert_20190412094410.jpg

今回はここまでです。クリアまでは少し乾燥時間をとりたいので次は内装とかですかね(^^)

プロフィール

autobuilders

Author:autobuilders
車と体作りが大好きな出戻り初心者モデラーです。人に見てもらうほどの内容にはならないと思いますが、自分の記録用にやってみたいと思い始めました。いつかは憧れの車たちをきれいに作りたいと思っています。

オートビルダーSの製作記

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR